忍者ブログ
[418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日の更新はタイトル通りかなりシビアな内容ですので、私が聞き取り調査をした結果を踏まえた、私的意見のオリジナルフィクションファンタジーブログということで読んでくださいww




ファンタジーの結論として税の関係で過背金龍(クロスバックゴールデン)を安く販売する為にハイバックゴールデン(高背金龍)の証明書を付けて輸入する事はあるそうです。

*画像は我が家の原種血統藍底過背金龍



税といっても日本側ではなく現地の税に関わる事らしいです。

日本では輸入額に税がかかるらしいですが大した額ではありませんが現地から輸出する時の関税がアジアアロワナの種別により税額が変わるらしいです。


*画像は新入り藍底過背金龍



例えば、過背金龍を現地から5万円で輸出しようとする場合、過背金龍の輸出の場合30万円の税がかかるとすると、30万円は税ですから輸出額に丸々オンされて35万円が仕入れ額になります。

同じ5万円の生体でも高背金龍として輸出する場合15万円の税がかかるとすると20万円が仕入れ額となります。



そこで現地と日本のメリットを考えてみると、過背金龍を生産物と考えた場合、10匹輸出しようとすると300万の税金がかかりますが、高背金龍だと150万円で済みます。

養殖場の立場としては税金ですから輸出額にまんま乗せるので、利益には関係ないように思いますが、日本の場合は本来35万円の仕入れ額の過背
金龍が20万円で仕入れる事ができます。

差額15万円!!

ここでの本側が謝礼というか税額のキックバックとして、たとえ1匹5万円でも払えば養殖場の利益というか裏金というか.......

双方にメリットはありますよね♪


しかし、国内側で問題がでてきます。

たとえ過背金龍だとしても高背の証明書が付いてる以上は高背金龍として販売するか、販売時に事情を説明するか、証明書を付けないで販売するかの方法となります。

何も説明mなしに販売されたとしたらマニアとしては黙ってはおけませんよね?


しかし、自ファームで生産された過背金龍を高背金龍として出してしまう、そんなファームから出された過背金龍ですからグレードは低いと思いますし、一応過背だけど高背で売ってね♪って事かもしれませんね。


昨今、過背金龍でも12㌢サイズなら49800円で販売される時代ですからね~.....

自ファームで生産したアロワナをプライドも無く出してしまうようなファームのアロワナは買いたくありませんし、該当ファームは2枚舌というか八方美人的ファームであまり信用できないとの事なのでそういう事もやりかねないとの事でした。



そんな過背金龍でも化ける個体は何匹か居る訳で、そういう個体を当てたらラッキーですね♪


以上、ブログ上実名も何も登場してませんし、あくまでもオールフィクション&ファンタジーブログですのでもし店からでも苦情があれば何か心当たりでも?って事になりますね(笑)

そして野生採取個体として個人ブログで紹介されて販売されてる藍底過背金龍ですがあくまで野生に近い特徴を持つ藍底過背金龍として店は販売してるらしく、ブログを書いてる方が先走ってしまってる様ですね♪(説明の受け取り方は色々あると思いますが......)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
ペットリンクス
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
【ブログの殿堂RANKING】

人気ブログランキングへ

ブログ王ランキング





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
NEW COMENTS
[08/08 Acropolis]
[08/07 Keiju]
[04/08 Acropolis]
[04/08 閲覧者]
ACCESS COUNTER
REALTIME VIEWER
BLOG IN SERCH
忍者ブログ [PR]