忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だぁ~~も(^o^)丿

4連休2日目です♪
連休初日に洗車+水換え+マット清掃をやっつけたので、今日は何も予定はありません(;一_一)


アジアアロワナがまだまだ高額だった90年代中盤からのアジアアロワナブームをピークとして、年々低価格化されて来て最近では、総合のペットショップでも数匹はアジアアロワナが泳いでる時代になりましたね。

アジアアロワナブーム真っただ中の90年代中盤はまだまだネットも普及されておらず、2000年に入った頃からブームは陰り始めましたが、ネットの普及とともに2000年代中盤から第二期アジアアロワナブームが盛り上がりました。

ネットを中心に〇〇会なる龍魚飼育サークルがネット上に乱立し、新規飼育者も続々参入してきた、ある意味蜜月な時代。

私がアジアアロワナを飼育したのが90年代中盤の第一期アジアアロワナブームの真っただ中で2000年初頭に飼育を辞めて、2005年に再度飼育再開~今に至るって感じです♪

第一期ブーム時はまだまだネットは普及されておらず、情報はもっぱら雑誌メディアから入手。
雑誌広告や記事に掲載される紅龍や過背金龍を見ては高額なアジアアロワナに思いを馳せるという時代でした。

この頃から、アジアアロワナ専門店も雑誌広告で全国発送も謳ってはおりましたが、現在の様に大々的に展開しておらず、まだまだ高価なアジアアロワナですから、自分の眼で見て買うという感じでしたね。

そんな時に餌の通販で現れたのが、えさや大黒堂さんで、当時、地元ではコオロギやワームなんて売って無かったですから、即飛び付きました。

なんせ、アロワナの餌は金魚という時代から昆虫食というキャンペーンをアジアアロワナ専門誌が繰り広げてた時代ですから、ワームやコオロギは憧れの餌でしたよ(笑)

それが通販で手軽に手に入るんですから、飛びつかない訳が無い!(笑)



そしてアジアアロワナブームの第二期の2000年中盤です。

2000年に入るとネットも普及されてて、アジアアロワナを一度でも飼育すれば、止めたとしてもまた飼育したくなるじゃないですか~?(笑)

それでネットで価格を調べると、憧れのワイルドブルーも割と手の届く価格帯に降りてきてるじゃないですか~(それでも高いのは数十万円台後半)、それじゃ一丁飼育再開すっか~lって飼育再開♪

当時の個人ネットの世界は荒みきってて、アジアアロワナでは〇〇会という飼育サークルが全盛の時代。
私も藍底過背金龍飼育者のみの藍龍会なる飼育サークルを立ち上げた途端、当時老舗的龍魚サークルの愛龍会から「発音が同じだから会を閉鎖しろ」とのコメントがありました(笑)

文字が全てのネット世界が言ってる意味が解らんと、当然拒否しました。

愛龍会は会員数も多く、会員の個人ブログなんかでもよく揉めました(笑)

当時の私のブログワイルドブルー飼育日誌もすぐに消える等と愛龍会会員ブログに書かれたもんです(笑)
現在はどちらも相手方が消えてますがね(笑)

当時は2ちゃんねるでも、専門店の風評や個人ブロガー叩きは凄まじかったですからね~。
私も含めて数名のブロガーが24時間叩かれったぱなし(笑)

高額ブランド魚飼育や龍魚飼育方法等を主張すると、一斉攻撃ww

それが数年続きましたから異常な世界です(笑)

当時はまだまだアジアアロワナに夢や希望もあり、他人の動向が非常に気になる時代だったんでうしょうね。

アジアアロワナの低価格が進んだ現在は非常に冷めてるというか、飼育者個人には無関心ですね。

アジアアロワナ販売店への風評は変わりませんが、オークション関連の話題が多くなってるのも時代ですね。


アロワナトラブルも思った様に発色しない、当時のGH過背金龍の頭部の金が消えた、過背金龍で購入したのに、証明書は高背金龍の物だった(*)等、ある意味解りやすい事案でしたが、最近聞く販売トラブルは明らかに詐欺で犯罪性が高くなってますね。

*店側は安く輸入する為に、敢えて高背で輸入したとの事だが、販売時に説明は無い)

現在は情報も行き渡り。他人の飼育魚までも気になる熱い人が居なくなったんでしょうね~。

まぁ、現在輸入されるGH過背金龍を見て偽物だなんて言う人も居ないですしね(笑)

第二期ブーム~現在の少し前まで、原種、野生、血統、究極、秘境、オーナー秘蔵、スモールファーム、等マニアのアジアアロワナに対するロマンに訴えかける販売文句が目につきまいsたが、低価格化が進んだ現在はそんな事どうでもいいんでしょうね(笑)

叩きや荒らしも飼育魚や飼育論に関する事なら、まだ理解も出来るんですが、ドライ濾過の関しては理解できなかったですね~。

私はドライ濾過器材を販売してる訳ではないので、個人飼育レベルで普通に飼育出来てれば問題ないと思うのですが、絡んで来てた人は理論原理主義で街の浄化槽並の設備でドライ濾過を起動してないと気が済まない様で、この荒らしに関しては何か都合が悪い事があるのか?未だ理解できません。


まだまだブランド魚を購入してアジアアロワナブログに新規参入する方も見えますが、これだけ低価格化が進むと、妬みややっかみの対象では無くなってるんでしょうね。

それでも未だ店主のセールストークに騙され、それほどの質でも無い高額な同店ブランド魚を購入してる人も居ます。

当時なら恰好の燃料なんですが、ブログの荒らし自体無い現在ですから、それを一々指摘しに行く熱い人も居ないんでしょうね。

当時から数年後には価格破壊が進んで、どこのペットショップでも数匹アジアアロワナが泳いでる時代が来るなんて言ってた人も居ますからね~。

事実、そういう時代にりました........................................


終わり♪


にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン
ペットリンクス
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
















PR
だぁ~~も(^o^)丿


先日、TVで鯉の側線についてやってました くぱぁ

勿論、アジアアロワナにも側線はあります くぱぁ
3列目の鱗に空いてる穴が側線です くぱぁ

なんでもこの側線で水中の水流や振動を感知してるとか........くぱぁ
ですからとても敏感な器官らしいです くぱぁ

................で、鯉と側線が何の関係があるかと言うと.....

鯉を料理する際に、水中から上げて捌く際に側線に沿って指でなぞると一気にまな板の上で暴れてた鯉が大人しくなったんです くぱぁ

側線は敏感な器官だからそこをなぞると気絶するんだとか...(口はパクパクしてましたが.....) くぱぁ

これ、同じ側線を持つアジアアロワナにも使えるんじゃね? くぱぁ
水中でもこの方法が使えれば、手術等で水中から出す際に麻酔薬要らなくね? くぱぁ

麻酔薬無くても取り敢えず水中から出せば、この方法で大人しくできそうな気がするんですよね~くぱぁ

誰かやってみてください(笑( くぱぁ

万一の事があっても責任は取りませんがねww

自己責任でやってちょんまげ(笑) くぱぁ

終わり くぱぁ







にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン
ペットリンクス
人気ブログランキング【ブログの殿堂】















だぁ~~も(^o^)丿

今日もお休みです くぱぁ♪
これまでの日の更新は撮りだめた画像での更新でしたが、今回は久々に新たに撮り下ろし画像での更新です くぱぁ♪


昨日、洗車2台やっつけてから2台ともオイル交換 くぱぁ♪

我が愛車、オイルエレメント交換無しで8㍑入ります くぱぁ!!!
しかもお高い低燃費オイル指定 くぱぁ!!!!

最近の車はメーカーのオイル交換時期が1年半とか長いです
普通に考えてオイル容量は普通車の倍ですから、まぁそんだけ持つのかなと? くぱぁ。

ずっと走行約3000キロ、半年スパンで交換してましたが、そろそろメーカー指定に従おうかなと......くぱぁ

だって、3000キロで交換してると、オイル交換直後の滑らかな走行感が味わえないので、それを踏まえても1年7000キロスパンでも十分な気がしてきました。


昨日金曜日に、前倒しで洗車したので、本日土曜日は朝から水換え くぱぁ♪

昨夜、ワーム50匹投入 くぱぁ♪

殆どのワームは、タイガーショベルノーズドナルドの腹に.,........くぱぁ♪

守護神龍はいつもの拒食中 くぱぁ♪

ワーム1匹食べるのは目視しましたが、夜間どれだけ食べたか、食べないかは不明です。

一年を通じて、爆食時期と拒食時期があるので、例年水温が上がり始める夏前に爆食時期がやってきます くぱぁ♪

我が家では通常よりかなりに低水温で飼育してますので、夏前や秋ごろの水温が変化し始める時期に爆食、水温が安定すると食が落ち始める感じです くぱぁ♪


最近は、ブログ更新頻度を見てもアロワナ熱が高い訳ではありませんが、きちんとルーティンのメンテは欠かさずやってます。

汚れた水を新しい水に交換する水換作業なんて良いストレス解消になってます くぱぁ!!!!

アロワナ熱に関して守護神龍は完全に背中が巻き上がってやがりますので、もう十分満足な個体です くぱぁ

細かい所では鱗底の埋まりや頭部の筋の金の入り等、期待もありますが、それほどの物でもありません(笑) くぱぁ

逆に背中が巻かない過背金龍や黄色やオレンジの紅龍等の不完全個体を飼育してる方がより良い個体を求めてアジアアロワナ飼育熱を高く維持できるのかましれませんね くぱぁ!!!!!!



先日、水槽部屋に遊びに来てた娘が「アロワナって長い生きだね、何年居る?」と聞くので「20007年からだから6年かな」と答えると「へぇ~」との答え くぱぁ♪

水槽下で20~30年、自然化では50年とも言われるアジアアロワナの寿命、まだまだたかが6歳。
されど6歳...................くぱぁ。

6歳でもまだまだ若若しい顔の守護神龍 くぱぁ♪

6歳まで飼う飼育者が全体の何%居るんでしょうか?

飼育歴は長くても飼育個体は1~3歳と若い個体という飼育者が多いのではないでしょうか? くぱぁ
飼育歴が長く、より良い個体を追い求めて買い換えを繰り返してる飼育者の方がアジアアロワナ飼育熱を高く維持できるのかも知れませんね くぱぁ♪

終わり くぱぁ♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン
ペットリンクス

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
















12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
NEW COMENTS
[08/08 Acropolis]
[08/07 Keiju]
[04/08 Acropolis]
[04/08 閲覧者]
ACCESS COUNTER
REALTIME VIEWER
BLOG IN SERCH
忍者ブログ [PR]