忍者ブログ
[1261]  [1260]  [1259]  [1258]  [1257]  [1256]  [1255]  [1254
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だぁ~も(^^)/

久々のブログ更新です♪

前回のブログが5月の3日ということでGWから更新してなかった事になりますね。

もちろん、水換えは途中で一度位は行ってますよ。

現在の様な飼育スタイルななるまではブログ更新放置気味でも水換えすれば更新はしてましたが、もう現在は水換えしてもブログ更新すらやらなくなってしまいましたww


GWの水換えでフルドライフィルターの蓋を開けてスポンジの状態を確認しましたが、汚れは無かったので盆休みまでスポンジメンテは延期しましたww

どうしてもウールマットだと目詰まりが気になりますが、スポンジ材質の3Dマットは最強じゃないですかね?

更新頻度の少ないブログでも、頻繁に水換えしてた時よりも守護神龍の状態が良いと書いてますが、水槽も落ち着いてきましたヽ(´▽`)/

放置スタイルになった当初は苔が酷く底面、全面、背面、側面にかなり付着してたんで、かなり前にテコ入れは行ってました(それを今頃更新するのが現在のスタイルww)



てこ入れといえば当然バクテリア関係な訳で、当然えさや大黒堂さんの星の屑改な訳で..............

こいつを投入して放置ww


コケの付着は極微量になりました(放置飼育の為に多少のコケは仕方ないですね)

水の状態もキンキンで同居魚?のネオンテトラも元気一杯です。

アロワナ飼育のマニアの中にはアロワナは生きているが、ネオンテトラは死んでしまう様な水質で飼育してる方もいますからね♪

やはり飼育スタイル応じたバクテリアというのは必須ですね。

頻繁に水換えしてた当時は、今ほどバクテリアも居なかったでしょうから硝酸塩過多になり苔が大量に付着する様になってしまったんですね。

放置してもそれなりにバクテリアは増えるでしょうが、複合バクテリアの星の屑改だと、それぞれの水槽に適したバクテリアのみが生き残り、効率よくバクテリアの増殖が行えますし。ひょっとしたら自然放置増殖法では繁殖しない種のバクテリアもあるかも知れません!!

頻繁にメンテしたた当時よりも発色や餌喰いがいいのも皮肉なもんです。

結局、あれこれ飼育法を試すよりも、良い餌と落ち着いた環境&水質で飼育するのが一番なんでしょうね。

飼育法を得意気に書いてた当時がとても恥ずかしいww


我が家のオリジナルフルドライ上部フィルターでも様々な飼育スタイルに対応できる事がわかりました。

はっきり言って最強のフィルターだと思うんですが、新規のアジアアロワナブロガー達がフルドライフィルターを導入しないのは寂しいですし、アロワナ専門店がオススメしないのは、店にドライ濾過の知識やノウハウが無いからでしょうね。

知識はネットでいくらでも仕入れできますが、ノウハウはなかなかねww
私の場合は個人ですから、自己責任ですが、店でオススメしてうまく稼働しなかったら店の責任になりますからねww

店にとっては最強ではなく最恐のフィルターなんでしょうねww

ですから、フルドライフィルターを導入した当時は凄い叩かれましたww
叩いてたのは2ちゃんねるで淡水エイやアジアアロワナスレで私を叩いてた京都の奴と今は潰れてますが、グルで詐欺まがいな事をやってた長野と豊橋絡みの店のオーナー達です。


2007年に飼育開始した守護神龍も7歳を経過して発色も良好♪

頭のすぐ後ろの最前列の鱗3枚の中央の鱗にここまで金が入ってる過背金龍はそうは居ませんよ♪


額の金色も画像でもかなりわかりやすくなってきましたが、頭の溝に金が入るのは全然OKなんですが、額の平の部分の金発色はノーサンキューです!


額に金が入った過背金龍なんて初めてアジアアロワナ(紅尾金龍)を飼育した1990年代中期は当然ですが、飼育を再開した2005年当時でも、まだ居ませんでしたからね。

居てもタマタマ頭に金が入ってるという感じで、かなり高額なプライスが付けられてましたね。


古いプラタを見ても居ません。

昔に居ないから原種じゃないとかの話でなく、幼魚の時期から頭に金が乗ったり背中が巻いてたりの作為的に作られた過背金龍に魅力は感じません。


我が家の守護神龍も幼魚の頃は5列目発色もままならない紅尾金龍のような姿でした。

過背金龍旧タイプの金が巻き上がってく様を楽しめるのが最高ですね。

7歳にして背中は完全に巻き上がり、まだ額の金がどのような状態になるのか?
まだまだ楽しめそうです。
現在、後方3鰭はべったり全面に金が乗ってますが、腹鰭、胸鰭にもかなり金が乗ってきてます。

ピンボケ画像ではありますが、藍底もそれなりには残ってます(これでもアロワナ専門誌があった当時は藍底過背金龍と十分紹介されるレベルですよww)

久々なんでかなり長編ブログになりましたね♪

更新頻度の少なくなった当ブログに毎日100余りのアクセスありがとうございます。

今後共よろしくお願いいたします。

おしまい♪



にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン
ペットリンクス
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



FC2ライブ


FC2ライブ


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 久々のマット清掃♪ HOME GW >>
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
NEW COMENTS
[08/08 Acropolis]
[08/07 Keiju]
[04/08 Acropolis]
[04/08 閲覧者]
ACCESS COUNTER
REALTIME VIEWER
BLOG IN SERCH
忍者ブログ [PR]