忍者ブログ
[363]  [362]  [361]  [359]  [358]  [357]  [355]  [353]  [352]  [351]  [350
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日も朝7時起床の娘を学校に見送りながらのおはようメンテ♪(長い!!)


紅龍や過背金龍は昔から色んな飼育方法が紹介されて来ましたが、過背金龍の飼育に関しては昔から新鮮で綺麗な水での飼育が好ましいと言われてます。

これは過背金龍の生息地の環境によるものなんでしょうか?


私もポリプに嵌るまでは週一程度の換水でしたが、ポリプの数が増えるにつれ。現在は2日に一回、休日は毎日水換えしてます♪
換水量は画像のポリプの位置や水槽の帯の位置を見てもらえばわかるように全水量(約500㍑)の2/3を交換してます♪


私的には金の巻き上がりに関しても多大な影響がある気がします。
巻き上がりに関しては他の要因もあると思ってますので、そちらの方は確信が持てましたらブログにも書きたいと思ってます!!

数年前の熱帯魚誌のアロワナモニターで当選した女性飼育者がモニターの極上過背金龍の鱗をを酷いガビガビにしてるのを見て、水換えもろくにしてないんやろな~とせっかくの良い個体のあまりにも酷い惨状に、非常に残念に思いました。



1200水槽の新入り藍底クンも最初はポリプの数を減らして、週一程度の換水で行こう!と、思ってたんですが、こちらもいつの間にか1800水槽と同じペースで水換えしてます。



金の巻き上がりに関しては飼育環境と水質が少なからず影響してると思います。

体色に関しては完全に影響しますよね。
黒水槽だと黒ずみますし、明るい環境だと明るい色になります。

守護神龍はポリプ鑑賞の面も含めてかなり明るい環境で飼育してますので鱗底の色も綺麗なスカイブルーの色をしてます。

コイツを黒水槽に放り込んだら、鱗底の色はもっと濃い青に変化すると思います。

1800水槽の環境面からもガーネットサンドも巻き上がりに関しては良い結果をもたらしているのではないか?と思ってます。

我が家ではライトの点灯時間は通常よりもかなり短いのでライトの点灯時間は巻き上がりには関係ないと思います(あくまでは我が家ではの話ですが...)

これまでの私の藍底飼育は鱗底の青さの維持のみに主眼を置いて飼育してきましたが、現在は巻き上がりと鱗底の青さの維持を両立させながらの飼育方を色々考えて試行錯誤しておる段階です。


適正な水換えであれば巻き上がりに変化はなくとも過背金龍にとって悪い事はありませんから、たのしく水換えしましょう♪(笑)

環境、水質とあともう一つの巻き上がりの要因に関してはもう少し時間を下さいね(笑)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
ペットリンクス
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
【ブログの殿堂RANKING】

人気ブログランキングへ

ブログ王ランキング





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
NEW COMENTS
[08/08 Acropolis]
[08/07 Keiju]
[04/08 Acropolis]
[04/08 閲覧者]
ACCESS COUNTER
REALTIME VIEWER
BLOG IN SERCH
忍者ブログ [PR]