忍者ブログ
[332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

帰宅後 気になってた藍底過背金龍のい状態をチェック!!


画像は20日に撮影したものです。


体色は黒ずみ好転どころか悪化してるようにも思えます.....


こうしてると、我が家の藍底守護神龍の導入時が思い出されます。

守護神龍も尾鰭の自切りこそ無かったものの、状態は似た様な状態でした。

サイズも±18㌢とさらに小さかったのですが、なぜか生きると言った確信がありましたが、今回の藍底過背金龍は最悪の事態が頭をよぎります....


状態が好転する事を願って今個体について紹介します。


今個体はワンブーン ファーム産過背金龍です。

いつも行くSHOPに2匹同時に入荷した個体のうちの一匹です。

入荷時から細カクの濃い青の鱗底で第二鱗カクも鱗底と同じ藍色でした。

もう一方個体は金底と言って良い個体でした。

藍底個体は基底鱗もポツポツ発色しており将来を非常に期待させる個体として見てました。

当初はどちらも148000円でしたが、途中で藍底個体は168000円に値上がりしました(良い個体ですからね(笑)

イイな~と思って見ては居てもこの金額ならイラネ(笑)って....


そうです我が家には藍底守護神龍という絶対的存在が居る為にポリプには高い金額を払ってもアジア アロワナに高い金を払えない身体になってしまっていたのです(笑)

そんな2匹の過背金龍でしたが、成長に差が出始め金底は35㌢~にもなってましたが、藍底の方は~30㌢と、成長が遅く、「餌食わんのやろな~」って見てまして、尾鰭も2回自切りしており筋金入りの神経質個体でしたね。

そんな神経質な個体ですからそのうち鰓もメクレ始めました。

そろそろカットしないと売り物にならなくなるゾ!!と大きなお世話な事も思ってました。

もうこれは難有り個体大好き?人間の私が引き受けるしかないな!!と、思い価格交渉して自分の希望額なら購入しようと思い店に行くと希望額よりさらに安い価格が付いており購入となった次第です......


水槽前に行くとこの手の個体にありがちな定位置、ヒーター下で待機!!


それでも少し経つと泳ぎ始めます。

我が家の藍底守護神龍も同じ様な体色になりながら復活しましたから、30㌢とより大きく体力もあるので、復活してくれると信じてます。

とりあえず、水槽内にあまり手を入れなくて済むように1200水槽のエンドリ他を上の1800水槽に移動させました。

1200水槽にはナイジェリア産ラプラディ×2、白変ラプラディ×1とアルセネ×1匹の4匹のポリプとしました。

これで換水は週一として、様子を見守ります。
今日までまだ餌は食べてません。

20日にぶった切りワームと脚ぶった切りコオロギを与えましたが食べてませんでした。

今日もぶった切りワームと通常のワームを水槽に入れておきました。
早く餌を食べる所がみれると良いのですが..........

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
ペットリンクス
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
【ブログの殿堂RANKING】

人気ブログランキングへ

ブログ王ランキング













PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
NEW COMENTS
[08/08 Acropolis]
[08/07 Keiju]
[04/08 Acropolis]
[04/08 閲覧者]
ACCESS COUNTER
REALTIME VIEWER
BLOG IN SERCH
忍者ブログ [PR]