忍者ブログ
[1092]  [1088]  [1059]  [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  [1079]  [1078
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だぁ~~も(^o^)丿


今日は水換えdayです♪

緑苔を削除しながらの水換えでかなりヒーターカバー等の備品に付着した緑苔も綺麗サッパリ気分よく観賞できます♪

それでは本題。


車社会とアジアアロワナ飼育は似てると過去にもブログで書いてますが、今回は車社会と過背金龍のお話し♪


車でもモデルチェンジがあり、同じ型式の車でもマイナーチェンジを経て前期型、後期型とがあります。

前期型(旧タイプ過背金龍)を気分よく乗って(飼育)してると、ある日突然マイナーチェンジして後期型(金頭型過背金龍)が登場してきました。

前期型に比べ後期型は洗練されてて中古車市場に措いても後期型の方が人気があり価格も高いです。

しかし、時がたち旧車の世界に頭を突っ込む様な年式になると、洗練された後期型よりもどこか武骨でダサい前期型の方が味があり人気があったりします。

旧車の場合当然古い程えらいというのも当然ありますが、GX71クレスタ、Z20ソアラ&20セルシオ等、何れも今見ると武骨な前期型の方が味があると思います。


今は現行型ゴールデンヘッド過背金龍に押され気味な旧タイプ過背金龍ですが、ブームは繰返しますし、武骨な旧タイプ過背金龍が見直される時期も来ると思います。


アジアアロワナの買い換えサイクルは3年以内というのが最も多い様に思います。

幼魚~3歳位までは成長や発色がそれなりに楽しめますし、発色もイマイチと思いながらももしかして....と希望もありますが、成魚サイズになりしばらく経過した3歳になって。将来も期待できないし、成長&発色も著しい変化も無いので買い換えてしまうパターンが多いでしょう。

はっきり言えば成魚サイズになれば成長も発色も、それほど目に見えての変化はありません。

混泳飼育はともかくアジアアロワナ単独飼育で成魚になっても長年飼い続けられる個体が本当にイイ個体なんではないかと思います。


終わり♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン
ペットリンクス
人気ブログランキング【ブログの殿堂】







PR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
NEW COMENTS
[08/08 Acropolis]
[08/07 Keiju]
[04/08 Acropolis]
[04/08 閲覧者]
ACCESS COUNTER
REALTIME VIEWER
BLOG IN SERCH
忍者ブログ [PR]