忍者ブログ
[1059]  [1086]  [1085]  [1084]  [1083]  [1082]  [1081]  [1079]  [1078]  [1077]  [1074
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だぁ~~も(^o^)丿



最近、某輸入業者の新鋭店が別の輸入業者へ喧嘩を売ってますが、現在喧嘩を売られた輸入業者は渡航中という事で、動きがなくツマラナイですね~(ー_ー)!!


喧嘩を売られた輸入業者は何かと叩かれてるんですが、私の守護神龍ことBaganSamakBleもこの輸入業者でして.......



この輸入業者や系列店舗に於ける販売価格はさておき、この個体自体は非常に気に入っております。

よくアロワナ専門誌のお客様紹介や店舗紹介でアップ撮影画像は非常に良い発色なのに、水槽全景を撮影する様な引いた画像では、あらら先ほどの個体はどこへやらって事が良くありますが、この画像は水換え時の一枚ですが、非常に自然に近い感じで撮影できており、私はこんな感じの守護神龍を観賞しております♪


昨今のゴールデンヘッドの入荷で幼魚から背中の巻いた個体も見掛ける様になりましたが、そういう個体はまだまだ高額でいくらゴールデンヘッドと言えど背中は発色してない個体がまだ殆どですし(将来どうなるかは知りません(笑)、ゴールデンヘッド安定供給前の旧タイプ過背金龍の80%以上の過背金龍は背中鱗全てがが完全に繋がらない個体とい事を考えれば、この守護神龍はかなりの物です。


最後に非常に神秘的で幻想的な写真が撮れました。

この守護神龍というニックネームのエピソードは当ブログでも何度も紹介してます。

到着時に腹を上向けてアップアップの状態だった個体が多くの協力で蘇生でき、数週間後にが無事我が家の住人になりました。


そんな強い星の元に生まれた個体ですし、自分を甦らせてくれて、自らが住む家の住人も守ってくれてる様に思います。

事実、3メートル下の川に娘が自転車で転落したのにカスリ傷で済んだのは、亡き私の祖母と父、そして自分の住む家の住人を守護神龍が守ってくれたんだと思ってます。

他にも色々と守られたんだなと感じる事が多々あります....

そんな経緯の個体ですから、放出するにも放出できません(笑)
もし、守護神龍を放出して災いが起こったら嫌ですからね~ww

勿論、放出するきなんてさらさら有りませんけどね♪

皆sanも個体を購入する際に発色や体型もイイですが、何か思い入れが出来るものを見つけると長く飼育できるかと思います。

守護神龍も今年で5歳。
アジアアロワナとしてはまだまだの歳月しか経過してません。

サイズもアジアアロワナ最小種の過背金龍らしく50㌢程しかありませんが、年々風格が増し、確実に龍気を纏いつつあるのが実感できます。

私自身、どんなに体型や発色が素晴らしい個体でも年月を重ねた個体には敵わないと思ってます。

勿論、適切な環境で飼育された個体が前提で、劣悪な環境で、実際の月齢よりも老けて見える個体は論外でして、そんな個体では決して龍気を纏えません。

終わり♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン
ペットリンクス
人気ブログランキング【ブログの殿堂】






PR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
NEW COMENTS
[08/08 Acropolis]
[08/07 Keiju]
[04/08 Acropolis]
[04/08 閲覧者]
ACCESS COUNTER
REALTIME VIEWER
BLOG IN SERCH
忍者ブログ [PR]