忍者ブログ
[1053]  [1051]  [1050]  [1049]  [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  [1043]  [1042]  [1041
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だぁ~~も(^o^)丿


3連休中、どこに行くわけでもなく暇なんでアロワナ関連のサイト巡りしてました。。。。。

......とは言っても新たなサイトを見つける訳でもなくブックマークにあるサイトを順に閲覧していっただけなんですがね(笑)

そんななか某アロワナ専門店の下取り魚コーナーに。有名ブランド魚、過背金龍として高額で購入したとされる紅尾金龍らしき個体が高背金龍として販売されてました。

上がりはどう見ても紅尾金龍なのですが、お情けで高背金龍としたんですかね?

個人ブログでもどう見ても紅尾金龍が過背金龍の有名ブランド魚として飼育されてます。

そんな個体を売られてるのに、何故か店主への信頼は厚いんですよね~(笑)

まだそんな商売をしてる店があるって事が凄い!!


画像は2005~2007年頃まで飼育したワイルドブルー。
当時は藍底の維持に情熱を燃やしてた時期ですので、飼育水もブラックウォーター、撮影もかなり暗めの設定でより青く写してやろうって感じの写真です。

当時は1200×600×450の水槽なんでブラックウォーターも簡単に作れました(笑)


我が屋の守護神龍BaganSamakblue。

暗めの設定で撮影しても上の様には写りません!!

なんだかんだ言ってワイブルって凄いかも?


ここで両個体を再考察。

藍底を楽しむという事では、濃藍の鱗底を持つワイルドブルー

過背金龍という事では背中6列目ほぼ巻き切るであろうBaganSamakBlue
それなりにスカイブルーの鱗底も残ってます。


上がりは抜きに藍底という事だけに絞れば2歳の個体で細框でこれほど濃い青色
の個体はそうは居ないと思います。

クレンブルーを手に入れる為に放出してしまいましたが、そのまま飼育を続けていればどうなってましたかね?

ワイブル放出後、四国の方に渡り、それからオークションで同じ市内の方が落札してしばらくはコメントのやりとりもありましたが、現在は音信普通でこのワイブルがどうなっているかは不明です。

2歳当時で基底鱗がポロポロ発色はしてましたが、背中が巻き切る個体では無いです。

最終的に基底鱗がまばらに光ってる程度で、基底鱗が完全に埋まれば上等ででしょう.....

この2匹に優劣は付けられませんが、2400水槽導入時で藍底の維持や発色の濃さ等は放棄した感があるんですけどね(笑)


終わり♪




にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
blogram投票ボタン
ペットリンクス
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
















PR
<< 確認! HOME 3連休2日目♪ >>
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
NEW COMENTS
[08/08 Acropolis]
[08/07 Keiju]
[04/08 Acropolis]
[04/08 閲覧者]
ACCESS COUNTER
REALTIME VIEWER
BLOG IN SERCH
忍者ブログ [PR]