忍者ブログ
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日仕事から帰っていつもの如くネットパトロールで興味深い個体を発見♪(画像は我家のビキビキ使い廻し画像です(笑)

R店の新着にビキールスペシャル入荷との情報。
スペシャル?SPの間違い?....でもプロだから間違えんわな~、でも紹介ではスペシャルで入荷って書いてあるし.......

でも画像見る限り背鰭の数とか数えると普通のラプラディっぽい、まだサイズが10㌢らしいのですが完全に独立してるのは10~11本成長と共に後半の背鰭が独立していっても13~14本がイイとこっぽく見えます。


参考までに我家のビキビキの導入頃の画像で日付けは07/10/13になってます。

サイズは17~20㌢位だったと思います。
背鰭は15~16本位までは独立してまして、現在は17本独立してます。

これらを考えるとR店に入荷したのはビキールSPでの入荷だと思われます。
ブリード物でSPってのも変な話ですが....やっぱりスペシャルか~?(笑)


ところでビキールSPと言えば......


去年ビキールSPとしてブリード物のベビーで入荷した個体が我家にも居ます。

ブリード物なのにSPと付く辺りは今回入荷しているのと同様です。

ベビーから成長し、見た目はコンギクスですが餌食いが旺盛な割りに成長が遅く現在はまだ30㌢ほどです。

P店ではこの個体をラプラディとコンギのハイブリッドと言う見解を出してましたが、顔付を見ると確かに典型的なコンギ顔というよりはラプラの顔に近いです。

そうなると成長の遅さにも納得できます。


価格は私が入手したビキールSPよりもかなり高いですがもしビキールビキールだとしたら逆に国内ブリード物と比べれば格安です。

バンドは私が入手したビキールSPよりもラプラ&ビキールの特徴は出てますが、微妙と言えば微妙ですので、もう少し大きくなった姿が見てみたいですね。

ビキールビキールの繁殖と言えばすでにリリースされてるカミハタ物以外にもアロワニアVol.20に新進のエンドリブリーダーさんがビキールビキールの繁殖に成功されているとの記事がありましたので、リリースが待たれる所ではあります。

今後、ビキールビキールの繁殖が進むとアンソルギーはワイルド物ですがアンソルと同様に価格の下落も考えられます。

するともう1匹欲しくなりそうなんですが、仮にもう1匹手に入れたとしても今の私では小赤漬けにする気力も金力も無いですね~(笑)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 三重情報へ


人気ブログランキングへ










PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
NEW COMENTS
[08/08 Acropolis]
[08/07 Keiju]
[04/08 Acropolis]
[04/08 閲覧者]
ACCESS COUNTER
REALTIME VIEWER
BLOG IN SERCH
忍者ブログ [PR]